詳細

ポリネシアとインドネシア諸語起源説
 著者名 河野 益幸著
本体価格 1,500円
 体 裁 A4判/横組/並製/カバー無
ページ数 本文63頁
刊行年月 2005年8月1日
説明

オーストロネシア語族は地球人類上一番広い地域に存在
しており、東はイースター島、西はマダガスカル島、南は
ニュージーランドの原住民のマオリ語、北は台湾北部の
高砂族のアタヤル語からポリネシア地域の最北部である
ハワイ語まで約1000種近くの言語群として形成されて
いる。筆者は青年海外協力隊員として、サモアに2年
1ヵ月、インドネシアに1年半滞在している間、他協力隊員
や現地人に協力してもらいインドネシア語含め22の地域
語(ジャワ語は5地方)及びフィリピンの2言語と琉球語
(沖縄方言)を含めポリネシア地域であるサモア語、ハワ
イ語を比較し、挨拶言葉を含めた216の言語を元に分析
し、ポリネシア(語)人の起源をインドネシアの中から究
明したものである。
内容構成
巻頭インドネシア周辺地図
はじめに
序論:
インドネシア語とインドネシア地域語及びその他
オーストロネシア語族と琉球語の比較
  オーストロネシア語族について
  インドネシア地域語につて
1.インドネシア語、2.マレー語、3.アチェ語
4.バタック語、5.ジャンビ語、6.ブンクル語
7.バンジャル語、8.ダヤック語、9.メナド語
10.ミナハサ語、11.サンギル語、12.ブギスー
マカッサル語、13.マカッサル語、14.パロポ語
15.スンダ語、16.17.18.19.20.ジャワ語
21.マドゥラ語、22.バリ語、23.ササック語
24.バジャワ語、25.サブ語、26.アンボン語
27.キサル語、28.ビサヤ語、29.タガログ語
30.琉球語(沖縄方言)、31.サモア語、32.ハワイ語
総論:
インドネシア諸語から考えられるポリネシアへの
民族移動
言語一覧表(32言語:方言含む216種各言語)



図書館を探してください。
品切れました (出版社を探しています)